忍者ブログ

幸せとは、夢を叶えるとは、基本的人権の中にも幸福追求権があり、誰もが等しく幸福になる権利があります。 幸せ求め人コロコロの日記です。
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[09/25 なりと]

06.28.07:33

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/28/07:33

07.10.22:53

自動体外式除細動器 AED

自動体外式除細動器Automated External Defibrillator,AED)
aed4.jpg心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、
必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、
心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。

これを実際に使用する機会が生じてしまいました。

ちょっとしたホテルのロビーで、50歳くらいのおじさんが

懇談中に、顔の色が見る見るうちに土色     になっていきました。
そして急に、パタンとうつ伏せになってピクリともしない。

「清さん、清さん、清さん」
周囲の人たちはさけびました。そして脈を診ても
確認が取れなかったらしく、すぐさま
呼吸も確認したけれども

まったく確認取れなかった。
つまり、心肺停止状態が、誰しも感じ取った瞬間だった。

そうのうちの一人、
「AEDお願いします。119番お願いします。」
すぐに、胸部圧迫マッサージを行った。

救急車が到着するまでの約6分間、必死に
マッサージを必死に行った。

「ふーう」と息を吹き返したかと思うと
また息も、脈もなくなる状態が続く。

ようやく持ってきたAEDの指示に従い
スイッチON。
心拍を分析し

AED執行のため充電が始まった。
「下がってください。体に障らないでください。」

ボタンを押すと、ドンとおじさんの体が跳ねそり返った。
それから
「心拍の分析・・・・・正常にもどりった」
清さんも三途の川のふちからもどってきた。病院へ運ばれました清さんは
実は、糖尿の持病を持っており、禁酒していたのに隠れてそのとき
飲んだそうです。それが原因で今回のことになったそうです。

後日、AED点検業者が来た際に
データーを見せてもらった。

心拍数と周囲の音声(どよめきや、必死の救護活動の音)が
秒単位で録音されていることに驚いた。

まるで航空機のボイスレコーダーのようであった。

 へたな、不謹慎なことはいえませんよ。
まあ、その場で不謹慎なことを言う人は
自分もそのようにいわれると思いますが・・・・

それにしてもAEDの力のすごさをまざまざと見せ付けられました。アリガタシ!!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら