忍者ブログ

幸せとは、夢を叶えるとは、基本的人権の中にも幸福追求権があり、誰もが等しく幸福になる権利があります。 幸せ求め人コロコロの日記です。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[09/25 なりと]

12.13.02:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/13/02:50

05.12.21:54

エケコ人形

c612c835.JPG

不思議な人形が奇跡を起こした。北海道に住む直沙さんは6年前、南米エクアドルに青年海外協力隊として派遣され、山間にある小学校で教師をしていた。環境になれ子供たちとも仲良くなり、充実した日々を送っていた彼女。しかしプライベートで一つ気がかかりなことが。エクアドルに来る前から交際していた彼に、浮気の噂…。彼女は一時帰国したときに彼に別れを告げてしまった。

別れたことに後悔はしていないが、もう28歳。そろそろ結婚したい年齢。 2年間の派遣の任期も残り少なくなったころ、南米のボリビアへ旅に出た。ボリビア最大の都市ラパスで友達へのお土産を探していた時、彼女は不思議な人形と出会う。それはサガルナガ通りにある土産物店で見つけた、首から色々なものをぶら下げた奇妙な「エケコ人形」。幸せを運んできてくれると信じられていて、週に2回、人形にタバコを吸わせると、願いが叶うと言われている。半信半疑で人形を購入し、部屋に飾った彼女に、運命のメールが届く!!

メール送り主は、青年協力隊の研修で知り合った、英伸さんという2歳年下の男性。ちょっと弱気で自信を持てないタイプの英伸さんを、直沙さんがいつも励ましていた。その彼からのメールの内容は、帰国する日に空港で会わないかというもの。ところが彼の搭乗便を聞き忘れてしまい、当日どうやって合えばと困っていると、いきなりインフォメーションカウンターから呼び出しが・・・。カウンターへ行ってみると、2年前より少したくましくなった彼の姿が・・・。
久しぶりの再会を喜んだが、彼の住む場所は広島、直沙さんは函館だった。お互い日本での新たな生活を始め、直沙さんも教職につくために準備を始めた。すると、しばらくして彼女の人生を変える一本の電話が!

電話の相手は英伸さん。「付き合ってくれないか」と告白の電話だった。実は彼、研修中からアネゴ肌の直沙さんに、惹かれていたのだが、直沙さんに付き合っている男性がいたので、打ち明けられずにいた。告白はうれしかったが、遠距離恋愛はこりごりだった直沙さんは、「函館まで出てきてくれたら付き合ってもいいよ」と彼に告げた。すると彼は函館で生活する決心をし、2日後、本当に函館までやってきた。この日から2人は交際を開始。不思議な「エケコ人形」の力に見守られながら、2007年2人は入籍。翌年には素敵な結婚式を挙げ、現在も幸せに暮らしている。  (  ザ!仰天ニュース ボリビア エケコの幸せパワー より引用)

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら